正しい手入れで園芸を楽しむ|芝生の様々なメリット

ウーマン

花ごとのまき方

フラワー

花の種ごとに、適した時期や方法があるので、育てたい花の種類を調べ、正しくまきましょう。また、花壇だけではなくプランターで育てることもできるので、ベランダなどの限られたスペースで育てることもできます。

もっと読む

手入れのコツ

芝生

公共施設などでもよく見られる芝生ですが、自宅で育てることもできます。手入れが大変そうだからと気後れせず、様々なメリットがあるので育ててみましょう。裸足で歩いても安全で、子供がいる家庭にも人気です。また、温度を下げる効果もあるので夏でも快適に過ごせます。芝生の長さは、長すぎても短すぎてもトラブルが起きてしまうので、適度な長さを保つためにこまめに手入れしましょう。また、芝生の種類によって成長の早い時期が異なるので育てたい芝に合わせて芝刈りをしましょう。芝刈りには、ハサミや機械が利用できます。刈り終わった葉や枯れた葉を放置すると病気を引き起こす可能性があるので、年に一度は取り除く作業が必要です。芝生の根が安定するまではこまめな水やりが大切で、日差しの強い季節や晴れが続く日に水をあげたほうがいいでしょう。日の出ている時間帯に水をかけると高温になり芝生にダメージを与えるので、涼しい時間帯にかけましょう。水の分量も適度にしないと病気や雑草の原因になります。また、時間が経つと芝生の土は弱ってきます。肥料や目土によって養分を補給しましょう。それぞれに適した時期や量があるので、しっかりと調べてください。また、エアレーションといって、芝生に穴を開けることで空気の循環や水はけをよくする方法があります。病気の予防にもなるので、定期的に行なうようにしましょう。また、枯れ落ちた葉だけではなく、弱っている葉や根も芝生によくありません。取り除き成長を促しましょう。

野菜を家庭で育てる

女の人

野菜を種から育てるという人が増えています。自分で育てた野菜はおいしく感じますし、子供の情操教育にも役立ちます。また、慣れてきてある程度収穫できるようになると、食費も抑えることができます。

もっと読む

種と苗木の違い

男性

ガーデニングが初めてだという人は、種よりも苗木の方が適しています。苗木は育てやすく、確実に育つので楽しむことができます。慣れてきた人は種を選びましょう。経済的で、育てる達成感があります。

もっと読む